sp
 インターネット初心者の館      インターネット初心者向けのネットマナー講座(ネチケット)、ネットトラブル回避・対処法


トップページへ ネットマナーの基本 よくある質問 ネットトラブル対処法 メールマナー 掲示板マナー チャットマナー ネットワークゲームのマナー 管理人の失敗・経験談 ネット・パソコン初心者向けリンク集 初心者向けニュース
sp
sp
おすすめ!安心ネット生活のためにアンチウイルス・セキュリティソフトでしっかり対策!
オススメ!感染してからでは遅い!無料体験から始める人気ウイルス対策ソフト
おすすめ!2年連続!最優秀ウイルス対策ソフト!AV-comparatives認定!

すぐに金を振り込め!とメールがきた

あなたが利用した有料コンテンツの代金が未納です・・・すぐ振り込んで下さい

といった内容のメールはド真ん中直球の詐欺メールの定番です。
身に覚えがない人、身に覚えがある人(アダルトサイトとか出会い系サイト見ましたね?w)は
ドキッとするでしょう。でもコレは完全な詐欺メールです。

返事をしない
振り込まない
メール内のリンクをクリックしない
添付ファイルは開かない

で、不穏な文章に騙されないよう冷静に対処して下さい。
それでも、もしかして?と心配ならば、文章や相手の名前(会社名)などで検索してみると
これは詐欺ですと書かれたサイトがいっぱい出てきます。
メール文中の、会社のアドレスやメールなどのリンクは 絶対にクリックしないで下さい!
ワンクリック・フィッシング詐欺 もプラスされている事も多いです。
また、添付ファイルにウイルスを仕込むパターンもありますので、開かないように注意して下さい。


初心者の館内の類似リンク:ワンクリック・フィッシング詐欺について
外部の参考サイト:不正請求・傾向と対策
| カテゴリー:ネットトラブル回避・対処法 |

トラブル回避:学生・会社員に対するネット教育は必須

初心者の館ではネット初心者に向けて書かれている記事がほとんどですが
この記事は、お子様がいらっしゃる保護者の方、学校教育関係者、従業員を指導する立場の方に
読んでいただき、お役に立てたら嬉しいと思っております。

ここ数年でパソコン・携帯電話・スマートフォンの爆発的普及により、私たちの子供時代とは大きく違う
情報社会・娯楽環境となってきました。ファミコンが出て夢中になったあの日からゲームですらも進化し
インターネットを介した通信対戦が当たり前になり、携帯電話でどこでもやれるゲームが大流行。
攻略情報までも本ではなく、日々新しい情報が追加更新されるネット上で充実しています。
親しい人への連絡手段も、家電をかける緊張感が懐かしかった時代から、ポケベルも終了し
メールからチャット、さらに新しいコミュニケーションツール(LINEなど)も出ました。


「みんなやってる」と仲の良い友人と環境を揃えたがり、やっていないと仲間はずれに怯えます。
その為、若いうちには危険と思いつつも渋々ネットツールを与えるご家庭が多いでしょう。
そこで与えっぱなしにせず、ご家庭・学校でネットマナーやネットトラブルの恐ろしさを教えることも
ワンセットでないと、経験の少ない若者はキリの無い膨大な娯楽に飲み込まれてしまいます。
性的な情報にも触れやすい社会なので、性教育と一緒にやってしまうのが理想ではないかと。

■犯罪・迷惑行為を公開して炎上トラブル
■出会い系サイトによる性的・恋愛トラブル
■ネットゲーム・ソーシャルゲームの課金トラブル
■メールやLINE、ツイッターなどのSNSでの人間関係トラブル


このような、若年層が巻き込まれるインターネットを介したトラブルが非常に増えています。
頭ごなしに「危ないから禁止!」と押さえつけたりしても、隠れてやるでしょうし
「何が危ないのか・ダメなのか」を理解できなければ、逆に興味本位で危険に近づいてしまいがち。
若いうちは差はあれ皆そうですよね。


今、ネット関連の教育が薄かった世代が大学入学〜社会人になりたてという頃です。
炎上」が多発し、後を絶たないのはネットリテラシー教育されなかった面が大きいのではないでしょうか。
若いアルバイト・新社会人の、常識外れ・不用意なネット上の言動で不利益を被る会社が続出し
次はうちか?と戦々恐々、社員教育に頭を抱えていると聞きます。

この初心者の館では、基本のネットマナーや起こりうるネットトラブルを簡単に説明しています。
もっと詳しい事例・実例が他のサイトさんにもあります。
ご家庭で・学校で・企業で、ネットリテラシー教育のヒントになりましたら幸いです。
| カテゴリー:ネットトラブル回避・対処法 |

自分の発言・情報発信について

パソコン・スマートフォンの爆発的普及により、さらにインターネットを取り巻く環境が変化しています。
自分から情報発信できるのがインターネットの醍醐味ですが、非常識な言動を不用意に公開し
「炎上」と呼ばれる現象も多発しています。→炎上とは

炎上までいかなくとも、自分からトラブルの火種をまかないよう、
この「自分の発言・情報発信マナー」カテゴリーでポイントを紹介していきます!


色々な議題を掲示したり、不特定多数の人が参加する「掲示板」や、
他のサイトへのコメント・返信に関するマナーは コメント・返信・掲示板マナー をご覧下さい。


| カテゴリー:自分の発言・情報発信マナー |

炎上確実:犯罪・迷惑行為の自慢

一般人としては一番「炎上」しやすい、火種どころかガソリン引っかぶり自爆行為!
犯罪や迷惑行為は「叩かれて当然!」となりがちなので、ネット上で面白おかしく燃え盛ります。
→参考:炎上とは

タイトルを「発言」ではなく「自慢」と書いたのは・・・
産まれたばかりの赤ちゃんが何も知らずにやった事、ではなく善悪の区別がわかっている年なのに
犯罪行為をネット上にあげるのは「悪いコトしてる俺カッコイイ」という気持ちが根底にあるからです。
仲間内でのウケ狙いだったり、多くの人から注目を浴びたいという自己顕示欲が炎上を引き起こします。


------ よくある炎上の流れ ------

いっぱい飲んだ〜これから愛車で帰宅!【お酒の写真】(飲酒運転示唆・未成年なら炎上燃料倍増)
      ↓
飲酒運転に対して批判のコメント&拡散(こいつ飲酒運転してる!とネット上で広められる)
      ↓
さらに批判コメントが殺到(この時点で炎上と呼ばれます) 本人特定運動開始
      ↓
本人特定(名前・学校などがバレる)され、学校や職場へも批判・報告電話が殺到
      ↓
退学処分、内定取り消し、解雇などの処分

特に会社員だった場合、炎上によって会社のイメージを傷つけたなどの損害賠償までいく場合も。
そして炎上者の名前で検索すると「炎上者名 飲酒運転」という検索結果がネット上に残ります。
就職・転職・結婚など人生の重要な節目に「あなたの名前を検索したら飲酒運転と出ましたが?」
と問われ、採用されない、破談になったなど・・・まさに「人生オワタ」これが炎上者の末路です。


他には以下のような事例があります。
自分は似たような事をしていないか?チェックしてみて下さい。


■カンニングの告白
 →普通のテストから大学受験・国家試験まで、「カンニングで乗り切った☆」「携帯使ってやった」
  などカンニングを堂々と告白・示唆をして炎上、停学・単位没収・退学などの処分を受けました。

■職場から食材パクってきたったwwwwww【食材片手にポーズの写真】
 →立派な窃盗・業務上横領です。炎上者の職場である会社が謝罪文掲載。

■バイト先のコンビニの冷凍庫に入ってみたwww【アイスの上に寝そべった写真】
 →冷凍庫の清掃消毒、商品を回収する騒ぎに。炎上者への処分は解雇&損害賠償請求される。
  似たような炎上が連日頻発し、中には閉店に追い込まれる店舗もあり大きく報道されました。

■遊園地で大暴れ!身を乗り出してアトラクションを止めたことを自慢げに語る
 →これだけでなく、何度も遊園地で悪質な行為を繰り返していた為、威力業務妨害容疑で送致。
  本人特定の際に未成年飲酒・喫煙も暴露され、迷惑行為自慢だらけで大炎上。


以上、この記事の編集時点でわりと最近の物を挙げましたが、過去にはもっと酷い炎上事案があります。
無免許運転・万引き・盗品転売・児童虐待・違法薬物・痴漢冤罪・賭博行為・盗撮・違法コピーなど。
仲間内のウケ狙いで・注目を浴びたくて、とプラスの方向をイメージして軽い気持ちで書いた物が
世間では大マイナスになる犯罪・迷惑行為自慢。想像上の痛手が待っています。
日ごろから自己顕示欲が強い為、氏名・学校名・顔写真を掲載している炎上者がほとんどで
炎上した発言と共に氏名・顔写真もセットで、ネット上に広まり半永久的に残ります。

炎上者本人だけでなく、繋がっている仲間・友人も「同じレベルの馬鹿なんだろうな」と思われたり
「どんな教育してんだ」「こんなバカがいる会社の商品は買わない」と保護者・学校・会社も叩かれます。
犯罪者扱いされ、友人も離れ、厳しい処分も受けて今後の人生にも大きく影響します。
この初心者の館を見ている人は大丈夫だと思いますが、慎重な発言を心がけて下さい。
犯罪・迷惑行為そのものをやらない事が当然で、根本的な炎上回避なんですけどね。
| カテゴリー:自分の発言・情報発信マナー |

炎上注意:会社の機密漏洩・守秘義務違反・企業側の暴言

こちらは企業全体に責任が及ぶ可能性の高い炎上の火種です。→炎上とは
犯罪・迷惑行為の自慢 では「若いアルバイトの悪質な悪ふざけ」のパターンが多いですが
このネタはどちらかというと、ある程度地位もある良い年した大人でさえもやらかしてしまうようです。

まずは会社の機密漏洩ですが
新製品の内容を詳しくネット上でバラしてしまい、競合会社にアイデアが盗まれてしまう・・・
といった感じです。誰も知らない情報を話すと、「スゲーw」「神!」などと崇められたりするので案外気軽にやってしまう人が居ます。株価に影響を与えるなど、罪に問われる可能性もあります。

次に守秘義務違反ですが
主に医者や弁護士といった立場の人、接客業の人がお客様の情報を漏らしてしまう事です。
例えば、「今日産婦人科にモデルの●●が来てた」 「ホテルに▲▲と▽▽が泊まった!!」など一般人の名前を挙げて言うことは無くても、有名人ネタだと注目を浴びるので思わず書いてしまった、というパターンが多く見られます。こちらも罪に問われる可能性があります。

企業機密漏えい・守秘義務違反でさらに注意したいのが、家族や恋人友人へ「ココだけの話」のつもりが
その人たちを介してネット上に書かれてバレてしまうというパターンです。
「●●から聞いた」という前提は責任感も薄くなり、さらに漏洩拡散していきます。


最後に企業側の暴言ですが
社員や店員の立場からの不適切な発言・暴言・・・例えば「今日来た客がオタクぽくてキモかった」や
セールで並ぶお客様に「貧乏くさい」、ちょっとした苦情に「じゃあ二度と買うな」など
接客業なら一度は思うかも?だけど、心の中だけに留めておくべき内容をネット上で言ってしまうと批判が殺到し、公式に謝罪文を掲載・会見するレベルの炎上が起こることがあります。

接客関係だけではなく、企業公式サイトでの思想・主義・差別発言なども炎上しやすいので
企業公式ツイッター等の発言担当者は、会社の不利益になる発言ではないか十分に気を配りましょう。


犯罪・迷惑行為の自慢 も含め、こういった炎上を防ぐには会社規則の確認・ネットリテラシーを中心に
社員教育をガッチリやり、定期的に注意喚起するしかありません。
えっ社長さんが自ら暴言?・・・教育できなければ諦めましょうw
| カテゴリー:自分の発言・情報発信マナー |

炎上注意:有名人に関する発言

一般人相手にも当てはまるトラブルですが、有名人が絡むとファンの存在や多数の閲覧者が集まるため
爆発的に広まり、「炎上」しやすいので注意したいところです。→炎上とは

★過剰な悪口(演技がヘタなどの感想レベルを超えた、悪意のある発言)

★「●月×日のコンサートで襲う」のような、犯罪予告や脅迫

★「●●ホテルに恋人らしき人と居ました」など、プライバシーを著しく侵害する目撃情報

★「うちの病院に来た。病気だって」目撃情報どころではなく、守秘義務違反レベルの発言

★「殺人事件に関係したって噂。■■はひどいヤツ!」のような噂レベルの話で中傷する


このような発言をすると、批判コメントが殺到する「炎上」だけでなく
有名人本人や事務所から訴えらたり、責任を取らなければならない可能性があります。
実際、「ホテルで恋人と食事していた」「病院のカルテ内容を見た」と発言した人に批判が殺到し
それが職場での目撃情報だった為、発言者はクビになったという炎上事件があります。
(お客様の情報に関して守秘義務がある会社で働いている・家族が居る方は要注意!)

有名人に絡んだ話題は絶対注目を浴びますし、自慢したくなる気持ちはよくわかるのですが
握手してくれた!一緒に写真撮ってくれた!などの双方が好意的な物ならともかく
上の例のような悪い意味で「暴露」 「中傷」になるようなネタは避けましょう。
その線引きがわからない、という方はネット発言自体をしない方が良いです。
自分が同じ事をされたらどう思うか?それを考慮するのが「マナー」に繋がります。
| カテゴリー:自分の発言・情報発信マナー |
  
今日    初心者マーク    昨日  
RSS1.0    Atom0.3